« Ana Popovic, Unconditional | トップページ | 増収増益の企業も軒並み値を下げている »

小野不由美『残穢』

山本周五郎賞受賞の小野不由美『残穢』、途中まではすごく面白いのだが、だんだん飽いて来るのは『屍鬼』同様。後者は、大学生の頃インフルエンザにかかって、臥せっているときに読んだ。どうでもいいが、小野不由美はその名前が怖い。『ゴーストハント』は音楽が怖かった。

ルポルタージュというか、ノンフィクション的な書き方が特徴の本作。平成、昭和の犯罪史を絡めつつ残滓としての怪異を扱っているのだが、収束し切れなかったり、伏線を回収できないのはご愛嬌。雰囲気を楽しむもの、のようだ。

|

« Ana Popovic, Unconditional | トップページ | 増収増益の企業も軒並み値を下げている »