« で、結局 | トップページ | 意地、みたいなもの。 »

今年は三つしか仕事をしない。

あけましておめでとうございます。遅ればせながら。

過日、「ネットラジオも視野に入れたCDレシーバーが今後標準になる可能性は大いにある。」と書いたのだけれど、このところkindleで遊んでいて考えを改める。ネットラジオCDレシーバーは諸々のアプリを積んだスマホやタブレットに勝てない。だから、CDというか、アンプ性能を高めることが存続の道だ。

いまさらながら、『エクスクレイヴ』はいろいろな人に支えられていたのだなあ、と思う。ほんと、ありがとう。

ヒラリー・ハーンの演奏するものすごいヴァイオリン・コンチェルトがネットラジオで流れてきて、曲紹介がスペイン語であまりよく聞き取れなかったのだが、多分これ だとおもう。ヒラリー・ハーンの名前はどうしたわけかこの年末何度も耳にしたのである。早速注文。正解だったら新年最初の授業でかけたい。授業で音楽をかけるのは、今年度までで一旦終わりにするつもり。自分の中で紹介できるもののストック(本の紹介も含めて)がちょっと枯渇してきた。
今年は三つしか仕事をしない。もちろん授業とかは別にして、の話だが、要するに頼まれ仕事を受けない。ただし、昨年のうちに請け負ってしまったものについては責任を持ってやり遂げる。そういうのが結構あるんだけどさ。詳細はまた折々にご連絡させていただきます。三つだからねッ!

一時期なりを潜めていたファイナンシャルプランナーや資産設計アドバイザが跋扈して、喧しくなりそう。おいおい、雲隠れしたことの釈明はいつするんだい?いや、真面目できちんとした人がいるのは分かっている。でも、森永氏や勝間氏はとても胡散臭い。話は変わって巷で騒いでるけれど90円でも円高、まだまだ。欧米がどれだけ日本にしわ寄せしていたかを考えると、脱力してしまうが、それでも町の風景は案外変わらなかったことには驚きを禁じえない。もちろん変わったものは沢山あったけれど。今苦しい人は、もうちょっとだけ耐えてみて。にしてもアメリカ合衆国は富裕層が厚いんだね。あと、「経済の崖」って呼び方を止めないか?いろいろ曖昧かつ不透明だ。新自由主義経済の帰結なのであって、ギリシアに端を発したEUの経済危機がなかったらもう少し延命できた、そういう雰囲気。とはいえ引き金はサブプライムローンですでにアメリカ合衆国が引いていたけれど(先だってベア・スターンズの名前を思い出せなくて難儀した。人間って忘れる生き物だ。連鎖して引き起こされたリーマンショックの時、日本はすごく迅速に対応している)。

2013年が皆様にとって幸多からんことを祈って。

|

« で、結局 | トップページ | 意地、みたいなもの。 »