« 三木卓『野鹿のわたる吊橋』 | トップページ | もの忘れる日々 »

ひとに薦められた本を読むということ

僕は毎回授業のはじめに学生さんに一冊本を紹介します。

内容はスペインやラテン・アメリカに関するものもありますが、漫画や小説もあり、僕が出会ってよかったと思う作品を紹介しています。

ひとに薦められた本を読むということは、この世界に存在する全ての本を読むことが出来ない以上、とても有効なストラテジだと思う。

今日授業が終わってから、「先生、オレあの本読みましたよ」といってくれた学生さんがいた。

すごく嬉しかった。

|

« 三木卓『野鹿のわたる吊橋』 | トップページ | もの忘れる日々 »