« ペルシアで涼しく。 | トップページ | 小学館『西和中辞典』に寄せて »

Cervezas Alhambra

 梅雨も明けて、セミの声で目が覚めるようになりました。ビールが美味しい季節。電車のなかで僕をとても癒してくれる中吊り広告があって、サントリーの金麦というビール。イメージキャラクタに宝塚出身の壇れいさんを起用。なんてすてきな女性なの。会ったこともないのにそんなことを思う。おじさんたちも癒されているはず。僕は相当癒されている。そもそも宝塚出身に弱い。滅法弱い。

 ところ変わってスペインのビールはとっても気軽に飲めます。暑いところのビールは結構飲み易いものが多く、寒いところのは味わい深いのが多いみたい。スペインのビールは暑さも相俟ってかなりおいしいです。なにぶん水分補給が大事。生ビールが細長いグラスやワイングラス的なものに入って出てきます。100円から200円くらいです。とても安いです。

 僕の住んでいたグラナダにはアランブラ(Alhambra)という地ビールがありました。グラナダにアルハンブラ宮殿というのがあるのですが、アランブラはアルハンブラのことです。アラビア語で「赤い城」を意味すると聞いた事があるけれど、ほんとかな。オススメ観光スポット。まあ、グラナダに来る人はみんな行きます。

 そのビール会社、家のそばに工場があって、きっとホップを暖めている匂いなのでしょうが、毎朝僕はその変な甘いにおいを嗅いで坂道を登って大学へいったものです。アランブラはレセルバというのがあって、こっちの方がちょっと強い。住んでいたときは黒ビールなんかは見たことなかったけど、作っているんですね。

 スペインで瓶のビールを買ったときに驚いたことは、栓が普通のペットボトル同様もう一度蓋できる様になっています。日本だと栓抜きで空けたら元には戻せませんが(僕の友達は歯で開けていましたが)、スペインのはクルクルとまた蓋が出来ます。出来てどうなんだか良く分からないけど。

 アルハンブラ宮殿は入場料を払わなくても途中まで散歩できるところがあるのですが、アランブラビール(瓶)を買って夜中えっちらおっちら登っていき、朽ちた石壁の上で友達とビールを飲んだことがありました。ギター弾きが多いのもグラナダらしい風景です。昼下がり友達と暑さをしのいでバルに入り、ゆるゆると過ごした夏がもう何年も昔。グラナダには面白い店(バル)が沢山、沢山。いつまでも変わらずそこにあってほしい。

|

« ペルシアで涼しく。 | トップページ | 小学館『西和中辞典』に寄せて »